オークションを利用する

Fotolia_91160660_S

遺品整理をするに使用することができるものと、使用することができないものが出てくると思いますが、形見分けをして残った故人の所有物をすべてそのまま取っておくというわけにはいかないので何らかの形で処分しなければなりません。

通常であればそのまま捨てるという選択肢を取ると思いますが、捨ててしまうのは気が引けるという場合は使ってもらえる人に使ってもらうというのも方法としてあり、資産価値がないようなものでもネットオークションに出してみると高値で売れることもあります。

オークションの利用メリットは自由出品が可能であると言う点で、いつでも好きなタイミングで出品価格も決めて出品することができて、入札が全然入らないような場合は金額を下げるなどの調整を利かすことができます。

また、オークションサイトは昔に比べるとかなり数が増えていて安い手数料を払うだけで利用することができるため、コストをかけることなく整理をすることができます。

遺品整理をする場合に故人が残してきたものが意外と多かったということに気付くと思いますが、遺品整理をしてみないと実際にどれくらいのものが手元に残るのかは分かりません。

また、遺品整理をした後の遺産相続などを巡って親しい身内とトラブルになることも少なくないので、対象となる身内との間で話し合いの場を持って事前に確認しておく必要もあります。

もしトラブルになりそうな場合は弁護士など専門家に仲介してもらう方法がおすすめです。

【PRサイト】